<< 道頓堀プール | main | 三本柱 >>
2013.12.19 Thursday

白山陶器

0
    一昔も 二昔も 前の話
    業務用の食器と くれば
    道具屋筋と 決まったものでした
    その流れが 変わり
    跡継ぎの  おられないお店さんが
    店を たたみだされ
    裏なんば と言われる
    (道具筋のお店さんの 倉庫が あったあたりでしょうか?)
    こじんまりとした 立ち飲み屋さんや
    ご飯屋さんが
    どんどん 道具屋筋の中にも
    侵食してきはって
    「遅うまで  飲んではるから かなわん」
    というお声を 街の中でお住まいの方から   ちょくちょく うかがいます

    そういう私も
    最近 道具屋筋で
    買う物が 減り続けて
    テコや ソース入れ
    昔から伝わる 職人さん手作りの
    上等の はけくらい
    となりました



    業務用の カタログも
    色々  見せてはもらいましたが
    何か?ピンと来ない
    純和食 でもない
    かと言って 洋食でもない
    お好み焼屋は
    難しいのです

    そんな私の  プライベート
    お気に入りは
    白山陶器
    斬新  すぎず
    何か  懐かしい
    上品な 風合いは
    何年経っても 飽きません
    そう 幼い頃に 母が読んでいた 雑誌「暮らしの手帳」に
    載っていた
    憧れの洋風の暮らしで 使われている 食器?
    に 似ている感じ
    「和洋折衷」という 当時の トレンドです


    出会いは
    10年以上前
    当時はまだ珍しい
    西宮の セレクト雑貨店で
    数々の グッドデザイン賞に 輝く作品中で ダントツ人気
    看板商品の  「醤油入れ」を 買ってから、、、
    小皿に お湯呑み 急須  ets
    好きなものを ちょっとづつ買いたし 選んでいたら
    裏には 白山のあの  ロゴが あったのです

    美津のでも 少しづつ 買いたし
    ペンギンをイメージした  お酒の徳利と おちょこ
    おぼろ豆腐を入れている  青磁色の器を  使っていたのですが、、、

    近くの淀屋橋に
    ショールームが有る事を知り  
    私好みの 温っか食器の
    ラインナップ 勢ぞろいに
    心の中で かなり興奮!
    自分用にも 買いたくなるDocomo80
    ブレーキを掛けるのが  大変でした


    シンプル過ぎす
    華美 すぎず
    「ちょうど ええ感じ」の
    プレートは  この次にするとして
    ポン酢入れと
    梅サラダの器
    気の早い話 ながら
    来年の秋に 「紫ずきんの枝豆」を入れる器を 購入

    ポン酢入れが  減り続ける中
    なかなか お気に入りが見つからず 難儀いたしましたが
    一挙  問題解決 となりました

    上品系
    ミナミな 空気はそのままで
    変わることも
    惜しまない



    ミーツのライターさんが
    つけてくれはった
    美津のの コピーに ピッタリ

    嬉しい  です  

     yjimage.jpg









    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM