<< 温かいしあわせ | main | 露天湯めぐり >>
2007.01.15 Monday

あまから焼プチブレイク

0
    大阪のお好み焼屋のルーツは多岐に分かれいて
    その中の一つは 牛肉のすじや、脂かす といった内臓を使います
    10年位前から
    牛すじとこんにゃくを煮込む『すじこん』なるものが 浸透しはじめて
    今では多くのお好み焼にある ポピュラーなものになりました
    それだけに メニューを見ずに『すじ』とオーダーされる場合も多く
    扱っていないと 残念がられます。
    更に 仕込みに時間と手間がかかる 
    すじこんの 既製品の営業の方も 訪れたりして
    当時は、『業界すじこんブーム』

    そこで思い出したのが おじいちゃん
    美津の のルーツ 父方のお好み焼屋「常盤」を創業した おじいちゃんは
    何時も裏の七輪で こんにゃくを甘辛く炊いていました
    で 『美津のらしさ』をプラスして
    ジューシーなみんちとこんにゃくを煮込み、生ねぎをかけて食べる
    『あまから焼』の誕生です
    実はこの商品 試作段階では 賛否両論もあり、デビュー当初は出番も少なく、
    辞めようかな?と思っていた時期もあるのですが、、、、、
    何の宣伝もせずに 口コミで広がり、今では隠れたベストセラーになりました

    おじいちゃんが背中を押してくれた この商品
    「諦めたら アカンでぇ」 と言う声が 聞こえてきそうです


    あまから焼  香り豊かな、やまつ辻田の極上七味をかけてどうぞ!
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM